Home > サーバ > 情報保護 を Microsoft 製品で

情報保護 を Microsoft 製品で

最近マイクロソフトから、情報保護のためのソリューションが出始めています。

Microsoft Windows Rights Management Services (RMS) テクノロジ 機密情報の漏えいおよび流出は企業に大きな損害をもたらします

Microsoft Windows Rights Management Services (RMS) テクノロジ
Office Professional Edition 2003 にも RMS テクノロジを使った個人情報保護が可能のようです。

機能としては、

企業資産としての情報の保護
Office Professional 2003 Edition の IRM 機能を使えば、ファイルの機密性、ワークフロー、および電子メールの管理に関するエンタープライズ ポリシーを設定することができます。Office Professional Edition 2003 で作成したファイルや電子メール メッセージを IRM 機能で保護したら、アクセスおよび使用に関する企業の制約が自動的にインストールされます。ごの後、ファイル作成時に設定された制約と企業の制約の両方で自動的に保護されたファイルを投稿、共有、または送信することができます。この機能により、次のことが可能になります。
? デジタル知的財産の保護 : IRM により、認証されていないアクセスおよび再使用から情報を保護できます。
? 情報のプライバシー、制御、および整合性の確保 : IRM により、機密情報の転送、貼り付け、印刷などの認証されていない操作を禁止することができます。

一般的なビジネス機能に基づいた IRM
IRM は Office Professional Edition 2003 に完全に統合されているので、使い慣れたアプリケーションと作業プロセスを使って日常的な一般業務に対してファイル保護のポリシーを構築できます。

Outlook 2003 の IRM
IRM を使用すると、送信済みの電子メール メッセージや添付ファイルを制御することができます。
? 電子メール メッセージのコピー、転送、および印刷を禁止することができます。送信者が受信者側でこの機能を使用できないように設定すると、メッセージに対してその処理を実行するコマンドは無効になります。
? 送信中にメッセージが改ざんされることを防止するために、電子メール メッセージは送信時に自動的に暗号化されます。
? 電子メール メッセージと添付ファイルには同じセキュリティ レベルが設定されるので、Professional Edition 2003 で作成したファイルへの制御機能が強化されます。

Word 2003、Excel 2003、および PowerPoint 2003 の IRM
情報共有の効率化とプライバシー保護という相反する要件のバランスを取るために、IRM では、さまざまなレベルのファイル保護を設定することができます。
? さまざまなレベルでファイルのアクセス許可を設定し、ユーザーやユーザー グループごとに異なるレベルを適用できます。
? 役割と職務に基づいてアクセス許可を割り当てます。たとえば、ファイルの参照者、校閲者、または編集者には、それぞれ異なるアクセス許可を設定します。
? 印刷量を削減する目的でファイルの印刷を制限します。
? 有効期限をファイルに設定し、指定した日時を過ぎたら開くことができないようにすることができます。
? 転送されたファイルを承認されていない受信者が開くことを禁止することができます。受信者は IRM で保護されているファイルを開くことができず、アクセス権がないというメッセージが表示されます。オプションとして、ファイルの所有者は電子メール アドレスを含めることができます。

IRM ビューア
セキュリティで保護されたファイルは、Office Professional Edition 2003 を使用していない顧客や主要なビジネス パートナーとも簡単に共有できます。Office Professional Edition 2003 を使用していない企業のために、保護されているファイルを表示するための IRM ビューアまたは Microsoft Internet Explorer 用の Rights Management アドオンが無料で提供されます。IRM ビューアは、受信者にファイルを読むためのアクセス権がある場合にのみ機能します。Internet Explorer 用 Rights Management アドオンは、Microsoft Windows サイトから ダウンロード できます。

といった機能が実装されている。

Office 2003 の RMS

Wordファイルや、Excelファイルを多く使う企業では、使えるかな。Windows Server 製品の部分と連携して何かするのだろうか。こちらも検証してみる必要があるかな。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20051031__microsoft.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
情報保護 を Microsoft 製品で from propeller head X:-) @ドライブネットワークエンジニアのブログ

Home > サーバ > 情報保護 を Microsoft 製品で

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top