Home > サーバ > SenderID(SPF)/DomainKeys

SenderID(SPF)/DomainKeys

自宅で使っている個人の汎用ドメインを、1ヶ月ほど前から SenderID に対応させました。やっぱり DomainKeys めんどくさくって..後回しだね。

SPF

Microsoftのだけどなぁ。。って思いながら、このSender IDに対応させてみました。

■DNSサーバへのTXTレコードへSPF情報を登録
自宅のサーバの場合は、MXレコードの対象サーバが、送信サーバとなるため、以下の様なレコードを DNS に登録しました。home は別のホストもあるため。

@ IN TXT “v=spf1 +mx ~all”
home IN TXT “v=spf1 +mx ~all”

■Postfix の SenderID 対応
1. spf.pl をどっかから探してきて設置。
2. master.cf を修正

[master.cf]
policy unix – n n – – spawn
user=nobody argv=/usr/bin/perl /usr/local/libexec/spf.pl

3. main.cf を修正

[main.cf]
# SMTP RECIPIENT RESTRICTIONS
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks
permit_sasl_authenticated
reject_unauth_destination
check_policy_service unix:private/policy

出来たら、auth-results@verifier.port25.com にメールを送信すると、「Port25 Solutions 」側で送信元認証のチェックをしてくれて結果が送り返されます。
以下結果。やっぱり DomainKeys のチェックは、pass じゃなくって neutral だな。。。

================================================
Summary of Results
================================================

mail-from check: pass
PRA check: pass
DomainKeys check: neutral (message not signed)

しかし、CallerID for E-Mail の XML形式と SPFのテキスト形式をくみあわせたって….。検索してみたけど、いまいち違いを探し出せなかった。どの部分が違う?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20051123_senderidspfdomainkeys.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
SenderID(SPF)/DomainKeys from propeller head X:-) @ドライブネットワークエンジニアのブログ

Home > サーバ > SenderID(SPF)/DomainKeys

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top