Home > サーバ > IDEインタフェースのフラッシュメモリ

IDEインタフェースのフラッシュメモリ

HDDで使われているIDEインタフェースに差し込んで使うタイプのフラッシュメモリーをトランセンド(Transend)から発売されているみたいだ。

Trasend IDE44V
IDEフラッシュモジュール(IDE 44-PIN VERTICAL)

32MB 〜 2GB のラインアップ。あんまり大きな容量じゃないけど、稼働中でも気軽に運べるコンピュータができそうだ。

IDE インタフェースということは、HDDとして意識しなくても使えるって事だよね。ってことはFreeBSDとかLinuxとかのOSのブートにも使用できるのか。一応ディスクレスなサーバができるわけだね。

しかし、データ領域としてはやっぱり足りないし、Windows用途だと2GBじゃちっこいな。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20051208_ide.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
IDEインタフェースのフラッシュメモリ from propeller head X:-) @ドライブネットワークエンジニアのブログ

Home > サーバ > IDEインタフェースのフラッシュメモリ

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top