IDEインタフェースのフラッシュメモリ

HDDで使われているIDEインタフェースに差し込んで使うタイプのフラッシュメモリーをトランセンド(Transend)から発売されているみたいだ。 IDEフラッシュモジュール(IDE 44-PIN VERTICAL) 32 … “IDEインタフェースのフラッシュメモリ” の続きを読む

HDDで使われているIDEインタフェースに差し込んで使うタイプのフラッシュメモリーをトランセンド(Transend)から発売されているみたいだ。

Trasend IDE44V
IDEフラッシュモジュール(IDE 44-PIN VERTICAL)

32MB 〜 2GB のラインアップ。あんまり大きな容量じゃないけど、稼働中でも気軽に運べるコンピュータができそうだ。


IDE インタフェースということは、HDDとして意識しなくても使えるって事だよね。ってことはFreeBSDとかLinuxとかのOSのブートにも使用できるのか。一応ディスクレスなサーバができるわけだね。

しかし、データ領域としてはやっぱり足りないし、Windows用途だと2GBじゃちっこいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です