VistaでTi-DA

Windows Vista RTM版 が出回っているというのに、今更ですが Windows Vista Ultimate RC1 をインストールしてみました。本当はRC2入れたかったけど、メディアがゲット出来なかったからね。

とうぜんPCを調達して準備するのは時間がもったいないので、VMware Server にインストールしてみました。やっぱおためし環境としては、これが一番簡単。ちなみにインストールしたコンピュータのスペックですが、CPU 2.8GHz、メモリー 512MB と結構イイスペック。

Intel製、AMD製の主要なCPUと、メモリーは最低512MB

これで、VMware上だけど必要な条件はクリアーしてるので、インストールは問題なし。インストールは無事、難なく完了してしまいました。XPよりさらに簡単になってグッドでした。

Windows Vista RC1 で Ti-DA です!

VMware 上のゲストOSのため、実ホストの本来のスペックまでは出し切れていないけど、同一ホスト上のゲストOSとして動いている WindowsXP は軽快に動いていることを考えると、やっぱり Windows Vista だと厳しい速度だなぁ。。。RCが撮れて正式版ではどれだけ軽くなるのか。。変わらないだろうな。

来年1月下旬には Windows Vista の各エディションがリリースされますが、やっぱりVistaが必要とするパソコンのスペックもさらに厳しくなりますねぇ。さらに、グラフィックも透過がいっぱい使われていたり、じわじわ表示されたり、GPUもかなりのスペックを必要だと思われます。

ちなみに、

“VistaでTi-DA” の続きを読む