Home > サーバ > portsnapで自動更新

portsnapで自動更新

最近になって portsnap を知りました。Windows Update じゃないけど、ますます自動更新化が出来るように進んでいきますね。

この portsnap って FreeBSD 6.0-RELEASE では既に標準でインストールされているらしいじゃないか。今までは cvsup つかって ports ツリーを常に最新に更新していたけど、 FreeBSD 6.0-RELEASE からこれで ports ツリーを更新すると負荷も無くって良いらしい。

私的インストールで、まず最初に入れる ports はこれ。

■FreeBSD 4.*-RELEASE / FreeBSD 5.*-RELEASE
1. sysutils/portupgrade
2. security/freebsd-update
3. sysutils/portsnap

■FreeBSD 6.0-RELEASE
1. sysutils/portupgrade
2. sysutils/freebsd-update

# portsnap じゃなくって、freebsd-update の話だけど、カスタムコンパイルとかパッチとかを既にあててしまっていると fetch とか install としてくれない。その場合には、オプションとして –branch bname というオプションを付けて強制的に更新する必要があった。

freebsd-update –basename crypto fetch

# Perl を先に入れたかも。。(^_^;)

* FreeBSD 6.0-RELEASEの新機能と変更点を見る

マルチプロセッサへの対応が大きく掲載されているから、今後ビジネスクリティカルのサーバとしてますますFreeBSDが活躍していきそうな気配。

Drive Network powered by FreeBSD

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20060123_portsnap.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
portsnapで自動更新 from propeller head X:-) @ネットワークエンジニアのブログ

Home > サーバ > portsnapで自動更新

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top