Home > サーバ > 新ターミナルサービスはますますX-Windowっぽいな。

新ターミナルサービスはますますX-Windowっぽいな。

新しいターミナルサービスではデスクトップではなく、1アプリケーションだけを取り出して、クライアント側で表示させることが出来ます。なんか、ますますX端末っぽくなってきました。
サーバで実行させて表示はクライアント。X端末と同じ様なことができますね。

Windows上でUNIXのコマンドを使用したい場合によく使うCygWinですが、X-Window環境で言うところのXサーバが入っています。以前は、ASTEC-Xの評価版を試していましたが、いまではCygWinのX サーバばっかりです。スピードも気にならないから気に入っています。
社内にCentOSで構築したサーバを稼働させているんですが、GDMというGNOME環境のディスプレイマネージャを常駐させています。これがあれば、WindowsからUNIX環境+GUI環境をいじりたくなったときには、CygWinのXサーバをGDMへ接続させて、X端末化。アプリケーションはサーバ側で実行されるわけですから、X端末(Xサーバ)側はXサーバのみの負荷。快適な環境ですね。

ターミナルサービスのは、Microsoftのイベントで聞いただけだけど。X環境と同じことがターミナルサービスで出来るようになってきた感じですね。。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20060315_xwindow.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
新ターミナルサービスはますますX-Windowっぽいな。 from propeller head X:-) @ネットワークエンジニアのブログ

Home > サーバ > 新ターミナルサービスはますますX-Windowっぽいな。

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top