新ターミナルサービスはますますX-Windowっぽいな。

新しいターミナルサービスではデスクトップではなく、1アプリケーションだけを取り出して、クライアント側で表示させることが出来ます。なんか、ますますX端末っぽくなってきました。 サーバで実行させて表示はクライアント。X端末と … “新ターミナルサービスはますますX-Windowっぽいな。” の続きを読む

新しいターミナルサービスではデスクトップではなく、1アプリケーションだけを取り出して、クライアント側で表示させることが出来ます。なんか、ますますX端末っぽくなってきました。
サーバで実行させて表示はクライアント。X端末と同じ様なことができますね。

Windows上でUNIXのコマンドを使用したい場合によく使うCygWinですが、X-Window環境で言うところのXサーバが入っています。以前は、ASTEC-Xの評価版を試していましたが、いまではCygWinのX サーバばっかりです。スピードも気にならないから気に入っています。
社内にCentOSで構築したサーバを稼働させているんですが、GDMというGNOME環境のディスプレイマネージャを常駐させています。これがあれば、WindowsからUNIX環境+GUI環境をいじりたくなったときには、CygWinのXサーバをGDMへ接続させて、X端末化。アプリケーションはサーバ側で実行されるわけですから、X端末(Xサーバ)側はXサーバのみの負荷。快適な環境ですね。

ターミナルサービスのは、Microsoftのイベントで聞いただけだけど。X環境と同じことがターミナルサービスで出来るようになってきた感じですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です