Home > サーバ > LinuxをUSBメモリー起動でネットインストール

LinuxをUSBメモリー起動でネットインストール

社内に、FDドライブ(FDD)とHDDしか装備していないサーバが散乱しています。そう、CD-ROMドライブが無いサーバが・・。

サーバといっても普通のPCをラックマウントタイプの筐体に納めただけのPCサーバなので、扱い的には簡単でPCで使い古した部品などが利用でき、簡易的な環境を構築するには便利です。

CD-ROMドライブがないと、困ったことにWindowsやLinuxをインストールを行う際にはかなり不便です。

FreeBSDはFDDが2枚あればネットワークインストール出来るんで困ることはないんだけどね。よしLinuxもネットワークインストールって思ってブートイメージを探すと、インストールブートイメージ diskboot.img はなんと10MBもある。。。どうやってFDDに入れんの?

いろいろ情報を探したところ、BIOSがUSBディスク起動に対応してる。。ラッキーでした。

256MBのUSBメモリーに、この diskboot.img を dd して、起動。

1. wget http://……/diskboot.img でゲット!!
2. USBメモリーを既にインストールしてあるUNIXサーバ側に認識させて、デバイス情報を取得。
ここでは /dev/sdb と認識。
3. dd if=diskboot.img of=/dev/sdb

はい、インストール用USBメモリーディスクの完成。あとは、BIOS設定で起動順を変更(このBIOSはUSBメモリーをUSB-ZIPと判断しているみたい)してUSBメモリーを起動優先。

無事、起動ーーーーーーーーー。

ここからは、インストールソースをFTP, HTTP, NFS, ローカルCD(。。無い), などなど選んでネットワークインストール。

pxeboot でインストールでも良かったけど、dhcpやtftp環境作るの面倒だからな。。。やっぱりこのネットワークインストールが簡単かな。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20061013_linuxusb.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
LinuxをUSBメモリー起動でネットインストール from propeller head X:-) @ネットワークエンジニアのブログ

Home > サーバ > LinuxをUSBメモリー起動でネットインストール

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top