Home > Drive Network > スパムメール阻止が出来るホスティングサービス・ベイジアンフィルタと送信ドメイン認証(DKIM,SPF/SenderID)

スパムメール阻止が出来るホスティングサービス・ベイジアンフィルタと送信ドメイン認証(DKIM,SPF/SenderID)

Drive Network

ホスティングサービスから新機能ニュース!

遂にホスティングサービスで迷惑メール対策の機能が標準装備されました。今回は、それだけじゃありません。

  • 迷惑メール対策 (ベイジアンフィルタ)
  • 送信ドメイン認証 (DKIM, SPF/Sender ID)
  • メール転送時の添付ファイル削除転送
  • 自動返信機能の強化

これ以外にもまだありますが、複数の機能をまとめてリリースいたしました。

迷惑メール対策 (スパムメール対策)

迷惑メール・スパムメールを検知するシステムは、主に以下を基本とするベイズ論理を用いたシステムを採用しています。

標準で用意される Drive Network デフォルトデータベースでは、弊社検証時 98 パーセント以上の検知率を持つデータベースをあらかじめ用意しています。しかも、データベースは共有ではなく、個別アカウント毎のデータベースを採用いたしました。
共有ではなく個別アカウント毎のデータベースを採用した理由は、例えば ISP で利用される迷惑メール対策がありますが、ISP で良く利用されるスパムメール検知システムでは共有データベースを元にしているのがほとんどです。この場合ひとつのアカウントがいくらスパムだと判断しても、多くの人も迷惑メールと判断しなければスパム扱いとなりません。しかし、メールを迷惑・スパムメールだと判断するのは、あくまでも個人であって、個人それぞれ違います。
そこで弊社の Drive Network ホスティングサービスでは、アカウント個別にデータベースを持つシステムとしました。

送信ドメイン認証

送信ドメイン認証は、送信元の正当性を検査するための認証手段となります。Drive Network では、送信元ドメイン名を、送信ドメイン認証 (SPF/Sender ID, DKIM) を利用して正当性を検査し、検査結果をメールヘッダに挿入しています。

(例)
X-SID-Results: mg.drive.ne.jp from=info@example.co.jp; sender-id=passspf=pass
X-DKIM-Results: mg.drive.ne.jp header.From=info@example.co.jp; dkim=pass

ただし、他の ISP や ホスティング事業者様側メールサーバで、送信ドメイン認証 (SPF/Sender ID, DKIM) の導入がされていない場合、正当なメールと明らかに視認出来る場合でも受信したメールには pass と表示されません。現時点では、Drive Network が他メールサーバ (送信先メールアドレス) に対して、送信メールの正当性情報を提供するための取り組みとなります。

メール転送時の添付ファイル削除転送

この機能では、主に携帯端末やPHSデータカード等、データ量に応じて課金されるシステムへの転送利用を目的とした機能となります。

シーポイントが提供するDrive Networkホスティングサービス(レンタルサーバー)をよろしくお願いいたします。

報道関係者各位                                   2007 年 2 月 16 日
株式会社 シーポイント


業界初の送信ドメイン認証対応 (SPF/Sender ID, DKIM)
独自開発の学習型データベースによるメールフィルタを無償提供
平均 98% の検知率で設定後ただちに効果を実感

http://www.drive.ne.jp/special/mf.html

株式会社シーポイント (本社:静岡県浜松市 代表取締役:野澤 浩樹) は、
2007 年 2 月 16 日より、ホスティングサービス "Drive Network" にて独
自開発の迷惑メール判定を含むメールフィルタ機能の無償提供を開始しま
した。

また、ご契約ドメイン名にて Drive Network の DNS サーバを利用するお
客様には SPF/Sender ID, DKIM に必要な設定を標準装備します。

増え続ける迷惑メール対策として、複数の判定方法を用いたアプローチが
標準となる昨今、簡単な設定で即効果を発揮することを主眼としました。

"リスト判定" による送信元メールアドレスまたはドメイン名のホワイト
リスト・ブラックリストの追加。

"メールサイズ・ヘッダ判定" による特定の条件に一致するメールの振り分
け。

"迷惑メール判定" はベイズ理論を用いた学習型データベースによる判定の
3 つがその柱となります。

通常学習型データベースを用いる迷惑メール判定は、事前に学習させるメー
ルを用意 -> 学習 -> 誤判定分を再度学習と、フィルタとしての機能を果
たすまで手間と時間が必要でした。

それらの時間を圧縮するため、商用エンジンを用いたサービス同等の精度
が見込まれるデータベースを、Drive Network が事前に作成、テスト時に
は 98 - 99% の検知率をマークしました。

受信するメールのうち、受信すべきメールか迷惑メールかはお客様により
判断が分かれることを考慮し、お客様の都合に併せて学習させる機能も提
供します。

迷惑メール判定後は、すべて受信するかサーバ上のごみ箱に移動する受信
モードが選択可、さらに Subject: (表題) に [spam] 等特定の文字列を付
加することも可能としています。

また、メールフィルタの一部として動作する自動返信設定・転送設定も機
能向上を加えました。

自動返信設定では、返信間隔を 1, 6, 12, 24 時間の 4 パターンより選択
を可能とし、転送設定では携帯電話等受信料が気になる回線への転送対策
として、添付ファイルを削除して転送する機能を付加しました。

さらに、迷惑メール撲滅対策の 1 つとして動向が期待されている送信ドメ
イン認証 (SPF/Sender ID, DKIM) に対応いたしました。

SPF/Sender ID, DKIM はそれぞれ検証方法に違いがあり、また送信元ドメ
イン名のメールサーバまたはネームサーバに SPF/Sender ID, DKIM に関す
る設定がされていない場合判定結果を得ることが出来ない場合があります。

Drive Network では、他メールサーバ (送信先メールアドレス) に対して
送信メールの正当性情報を提供するための取り組みとして、双方に対応し
ました。

従来のホスティングサービスだけでなく、通信インフラから運用まで、お
客様の 'したい' を最大限引き出す事により、業務の効率化・躍進を実現
する為にさらなる発展に努めてまいります。


■ 株式会社シーポイント 会社概要

会社名   : 株式会社シーポイント http://www.c-point.co.jp/
所在地   : 〒432-8002 静岡県浜松市富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F
電話番号 : 053-478-7111 (代表)
FAX 番号 : 053-478-7112
設立     : 平成 8 年 11 月
資本金   : 8,360 万円
代表者   : 代表取締役 野澤浩樹
事業内容 : ネットワーク事業 "Drive Network"
プライバシーコンサルティング事業
TRUSTe 審査事業
ソフトウェア開発事業
携帯電話販促 ASP 事業 "呼びこメール"
オンラインショップ統合管理システム事業 "Genesis-EC"
ウェブコンテンツ事業
EC 運営代行事業
オンライン広告代理店 (ネット広告) 事業

■ お問い合わせ先

Drive Network サポートセンター

電話番号 : 03-5283-8070 (平日 9:00 - 18:00)
FAX 番号 : 03-5283-8069
URL      : http://www.drive.ne.jp/
E-Mail   : info@drive.ne.jp

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://yuki.c-point.ne.jp/e20070216_drive_mailfilter.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
スパムメール阻止が出来るホスティングサービス・ベイジアンフィルタと送信ドメイン認証(DKIM,SPF/SenderID) from propeller head X:-) @ネットワークエンジニアのブログ

Home > Drive Network > スパムメール阻止が出来るホスティングサービス・ベイジアンフィルタと送信ドメイン認証(DKIM,SPF/SenderID)

Widgets

専有サーバキャンペーン!

初期費用無料・月額費用半額!2011年4月30日まで!

低価格で充実セキュリティ!安全と価格で選ぶレンタルサーバー
Search
Feeds
Meta
Widgets

ちなみにこのサーバはIPv6では到達出来ません(--;)が、メーター側がIPv6対応なのでIPv6検出してます。

Return to page top